卵殻膜 化粧品

Ⅲ型コラーゲンとは?

Ⅲ型コラーゲンは、ベビーコラーゲンとも呼ばれます。
赤ちゃんのお肌は触るとプルプルですよね。
このプルプルのお肌の秘密でもあります。
数あるコラーゲンの中で、お肌の弾力を支えているのが、Ⅲ型コラーゲンです。

 

みずみずしいお肌!

Ⅲ型コラーゲンは柔軟性コラーゲンで皮膚や血管を構成している成分です。
水分保持力が高いため肌のみずみずしさを保ち、お肌に弾力をもたせます。
赤ちゃんの肌がみずみずしく柔らかいのはⅢ型コラーゲンが豊富なためです。
みずみずしいお肌を作るのがⅢ型コラーゲンなんです

加齢とともに減少!

Ⅲ型コラーゲンは大人になると徐々に減っていき、25歳前後を境に減少すると言われています。
また、食事やサプリからはほとんど摂取することができません。

 

肌再生機能

肌再生機能が高いⅢ型コラーゲン皮膚が損傷すると、細胞の再生作業が始まります。再生作業の過程でまず働くのがⅢ型コラーゲンです。
加齢により減ってしまうことで、お肌の再生能力も落ちてしまいます。

 

 

卵殻膜には、「Ⅲ型コラーゲン」を生み出す効果・増殖させる効果があります。